強さと耐久性のある重量鉄骨造住宅

重量鉄骨造は高層ビルやショッピングセンターなどで使われる構造です。木造や軽量鉄骨造に比べて繰り返す地震の揺れに強く、河川の氾濫、台風、竜巻などの自然災害にも重量鉄骨造YONBACOは耐えうる強さを持っています。

建築の様子安心が建つ!

軽量鉄骨増との違い

軽量鉄骨造は小規模な倉庫や低層のアパートで見られる構造で、柱の肉厚が6ミリ未満と薄く、建物内部にも構造体となる壁や柱が必要です。対して重量鉄骨造の場合、その壁や柱を取り払うことも可能で、大きな空間を作ることができます。将来まったく新しい間取りにすることも思いのままです。同じ鉄骨でも重量と軽量とではその性能に歴然とした違いが出ます。

重量鉄骨造と軽量鉄骨造の鉄骨比較
比較表

「柱の太さにびっくりしました。」 お客様の声 YONBACO構造見学会にて

イメージ画像

最初は別のハウスメーカーで検討していましたが、予算の話し合いのとき営業の方から「重量鉄骨ではオーバースペックですよ。」と、軽量鉄骨造を勧められました。「ショッピングセンターで使うような鉄骨は住宅には必要ない。」という話でした。その後なかけんさんの重量鉄骨造住宅の構造見学会に行きましたが、とにかく柱の太さにびっくり。基礎を見てその頑丈さに惚れ込んでしまいました。しかも想定予算内で建てられる見積でした。なかけんさんの「安心にオーバースペックなどありませんよ。」という言葉が印象的でした。

uSn悢ƁvYONBACO@~̂̓RXp̗ǂdʓSZ